2017年5月25日木曜日

【建設業 経営事項審査】契約書とは。。。

おはようございます。


昨日は、東京都における経営事項審査を受けに行きました。


経営事項審査とは・・・
公共工事を請ける前提として、許可行政庁(知事や大臣)に評点をつけてもらうための審査です。
許可取得の営業年数、完成工事高、技術者(資格者)の確保、社内体制、社外的な貢献度などについて証明資料を出して審査を受けて、評点をもらいます。


で、その中で、前年度に請け負った工事の上位5件について

①契約書
②注文書と請書
③請求書と入金記録
④その他・・・

などのうち、①~④のいずれかの証明資料を持っていって、「はい、たしかにその内容で工事を請けていますね。」と確認してもらうのです。


私が持っていった資料の中で、お役人から物言いがありました。


その資料は、「発注書」というタイトルですが、発注書も工事請負約款も見積書もすべて合綴されていて、その上に割印もあり、実質、契約書の性質をなすものです。
出来高を示すために、支払明細書も持っていきました。



しかしお役人は・・・
「これは、・・・発注書であって契約書ではないですね。あくまで発注書ですから、入金記録の資料が必要となります。
お持ちいただいた支払明細書では、その金額が確かに入金されたという通帳の写しもないので、証明資料とはなりません。通帳の写しも持ってきてください。」



は?


いやいや、契約書ってね、契約書という言葉じゃなくても契約書の実質をなすものもありますよ。覚書なども契約書のひとつですし。


特に、工事請負契約書などは、基本契約書や約款があって、その中に「発注書を個別契約書とする」という条項があるものが多いです。


だったら、その発注書にハンコも割印もあるし、工事番号も工事内容も特約条項も書かれてるし、それが契約書じゃないですか。


でも、担当者は「いえ、これは発注書ですので。」と言う。


出来高を示す参考資料として発注者が発行した支払通知書(もちろん、工事番号も入ってます)も出しているのに、


それを入金資料ではないと言う担当者。


あのー、それ、遊びで作ってる書類じゃないんですけどー "(-""-)"



そんなデカい金額、入金もしないのに元請会社がわざわざ自分の契約印を押して支払明細書を出しますか?
(これが千葉県なら、「入金記録はこれで十分です。」って言います。)


割印まである発注書と支払明細書のセットを、注文書と請書のセット以下だと言う担当者には困りました。


そもそも、「えーと、自己資本金額はこの財務諸表のどこに書いてありますか?」なんて聞いてくる担当者です( ;∀;)



・・・・・。「えーと、ここの純資産合計ですけど。。。」と言う私も???



次期も悪かったですよね。担当者が入れ替わったばかりの時期ですし。


慣れた担当者なら、もっと実質的なとこも見てくれてたでしょう。。。



しかし、私としてはその担当者を突破しなければならないわけです。



とっても悔しいですが、入金資料持っていってやろうじゃないの。



早速お客様に電話して、何度も「申し訳ありません」を繰り返しながら、資料を準備していただくことになりました。



当事務所では、東京都の経営事項審査は数少なく、また、今回のように出来高による工事請負額の積み上げのパターンはこの会社さんしかないのですが、


千葉県で同じパターンを何度も通している私としてはめちゃくちゃ納得いかないのでした。







2017年5月23日火曜日

【建設業許可】「先生、通知書が届きました!」のご連絡はやっぱり嬉しい

こんばんは。

今日、数ある電話連絡の中で、一番嬉しかったのは、

先月に新規の建設業許可申請をさせて頂いたお客様からのお電話。

「先生!許可通知書が届きました!本当にありがとうございました!」と嬉しそうな社長の声。

私も嬉しくなります。

この会社さん、経営経験や実務経験が複数の会社に渡っていて、

その資料が古いものもあって、書庫をひっくり返して探して頂いたり、

銀行から記録を取り寄せたり・・・・といろいろ準備して、

今まで当事務所がお手伝いした数ある新規申請の中でも

1位2位を争うくらいの書類の多さを誇った申請になりました(笑)


役所(土木事務所)に申請するときも、

お役人がそれらの書類を確認するのにかなり長い時間がかかって

私も何度も確認して書類を揃えてきているのだけど、

少々やきもきしながら待っていました。


土木事務所で申請書に受領印が押されると、

書類審査はOKということになり、

今までそれ以後の審査でダメだったことはないものの、

やはり許可通知書がお客様のお手元に届くまでは何かと気が抜けないものです。



このお客様は晴れて許可業者となられました。

建設業は小規模な工事であれば許可がなくても営めますが、

大きな工事は許可がないと請け負えません。

建設業許可業者になると、税込500万円以上の専門工事が受注できるようになります。



お客様の今後の一層の飛躍を祈念しております。


2017年5月14日日曜日

【事務所経営・営業】仕事が営業になる

こんばんは。瀬戸川です。


事務所を大久保に移転して、早くも1年が経ちました。


移転してからというもの、


私は大病を抱えたために、経営者同士の集まりなどのお付き合いや


夜にかかる勉強会などに出ることなど、



純粋に仕事以外で動くのを控えているにもかかわらず、


お客様やご依頼は増えています。



去年の今頃は、焦ったものでした。



朝は家事や弁当作りなどの母としての仕事をしてから出勤し、


夜は家族に心配されない程度の時間に帰宅する毎日。


他の同業者や関連業者の皆さんが人脈づくりや勉強会に勤しんでいる一方、


私はそうやって動いているわけでもなく、きっと稼働時間はすごく少ない。。。


そんな自分にいったい何ができるのか?と。



しかし、昼間の勤務時間は目の前のお客さんと目の前の仕事に集中し、


制限された時間の中で動くことを覚悟して、コツコツとこなしていった結果、


営業しなくても、ご依頼は途絶えることがありません。


従来からよくご紹介を頂く他士業の先生方からのご依頼も増えています。



おかげさまで、仕事が営業になっているようです。




先日は、とある場所でたまたまご一緒した同業者の方が、


「私は建設業の分野のお仕事は受けていないんです。瀬戸川先生、お願いできますか?」


といって、建設業許可関係のお仕事をご紹介していただけることになりました。


なんともありがたい。




限られた時間内で、集中して、地道にコツコツ。


これがいまの私にピッタリの言葉のようです。


今日は半日ほどパソコンに向かっていましたが、


もう半日は主婦としての家事や買い出し、わんこの散歩などに時間を使いました。



最近、お風呂場が涼しいことを知って、ここに入りびたりになっているMyわんこです。
元保護犬のチェリー(2歳です。)

2017年5月13日土曜日

【建設業】建設業者を取り巻く取締りは厳しくなっています。

建設業の許可や社会保険の加入について、

 

国や都道府県がどのような取締りや勧告をしたかという報告が、

国土交通省から発表されました。

リンクはこちらから
http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo13_hh_000498.html

これによると、無許可業者との下請取引による業務停止処分や

社会保険の未加入に関しての立入検査など

結構厳しい取締りがなされていることがわかります。



私が建設業許可取得を目指すお客様からよく受ける相談に、

「社会保険って入らなくても大丈夫ですよね?」

というものがあります。


法律的には、会社もしくは

常時(週30時間以上)従事する従業員を5人以上雇用する個人事業については、

加入義務があります。


私は、

「法律的には、加入義務があります。

また、国土交通省は建設業の労働環境を守るために許可業者の100%加入を目指しています。

よって、許可申請時には加入の有無を調べられるので、

未加入の場合には知事から指導書が送られてきます。

4か月ごとに指導のステージが変わり、

再三の指導でも加入がない場合は年金事務所に通報されますので、

早めに社会保険に加入されることをお勧めします。」

と、お答えしています。

社会保険の加入は会社の義務ですが、

きちんと加入しているのは全体の5割とも6割とも言われています。


いまは、社会保険加入を促すために、

税務署も、会社の社会保険加入状況の情報を年金事務所に提供しています。


建設業許可業者の皆さんは、

「なぜ、建設業許可業者にそこまで加入を促すのか」

という国土交通省の趣旨(若手労働力の確保のための労働環境整備)を踏まえて、

社会保険に加入して頂きたいと思います。



2017年5月11日木曜日

【経営改善・制度情報】中小企業・小規模事業者の資金繰り管理や採算管理等の早期の経営改善を支援します~平成29年5月29日より早期経営改善計画の利用申請を開始します~

こんなのが発表されました。


資金繰り管理や採算管理などの早期段階からの経営改善に取り組む中小企業・小規模事業者を、


外部専門家を使って、経営改善計画策定やモニタリングなどについて、


補助金として国が支援する制度です。




企業や専門家には金融機関側からあっせんがあるでしょうか。
(どの制度もそうですが、企業側からこんな制度を知って、金融機関や専門家に相談することはあまりありません。)



この制度は、専門家に支払う報酬ありきな印象もあるので、


今まで報酬のハードルが高くて専門家への相談に踏み出せなかった企業や、


この後押しを受けて営業する専門家が増えるでしょう。



ちなみに、専門家もひとそれぞれで、着手時からいきなり高額な報酬を請求する人ばかりではありませんが。



「中小企業・小規模事業者の資金繰り管理や採算管理等の早期の経営改善を支援します~平成29年5月29日より早期経営改善計画の利用申請を開始します~」
http://www.meti.go.jp/press/2017/05/20170510005/20170510005.html

2017年5月10日水曜日

【雑感】私の選ぶ仕事について

こんばんは。瀬戸川です。



今日、お客様(医院経営)と世間話をしていて、



そこで受けた質問に回答しました。




その内容は、



私には思いを持ってやりたい仕事があって、



それがたまたま行政書士の資格を必要とした業務と重なるのであって、



行政書士の仕事をしたいのではない、



ということです。




それを、お客様の考えに配慮しながら、



回答させて頂きました。




結果、継続的な仕事の依頼をお受けしました。




内心、ホッとしています(笑)



2017年5月3日水曜日

【雑感】忙しくない経営者なんていない

こんばんは、瀬戸川です。


うっかり寝落ちしてしまい、
そこからお風呂に入ったりいろいろやってたら、
すっかり目が覚めてしまい、夜更かしタイムになってしまいました。


決して、ガツガツ仕事してて夜更かししたわけではありません(笑)


さて、月が変わりましたね。


早いなぁー。年が明けてからもう4ヵ月も過ぎてしまったんですね。


当事務所もありがたいことに、忙しく過ごしています。


で、タイトルですが・・・・


業績が良くても、悪くても、忙しくない経営者なんていません、という
ごく普通のお話をしようと思います。


業績が良いときは、仕事を捌くのに忙しく、
業績が悪いときは、仕事を開拓するのに忙しく、
「あー、暇だね」と言っている暇はないのが経営者ですね(笑)



もしかしたら、暇を受け入れてしまえる度胸も必要かも知れませんが、
いやいや、体力のない中小企業ではそんな度胸より、
仕事を取ってくることや売掛金回収や資金調達に尽力する方が賢明です。



一方、業績が良くて忙しいときも気が抜けません。


忙しいときは、仕事を捌くのが最優先で、
新たな開拓や取引先のケアが後手になりがちです。


すると、受注した仕事を捌くことで忙しく感じていたものの、
その仕事(作業)が終わってしまったら、あとは請求書を出して、お金を頂くだけ。



あれ?次の仕事が確保できてなくない?・・・・なんてことになったら大変です。



経営者は、業績が良くても悪くても、
会社が運営を続けていけるように、
事業環境のバランスを取るための仕事(運営、内外のケア、開拓)で忙しいんです、というお話でした。