ad

2017年4月12日水曜日

数字も、比べる指標があるとわかりやすいし、イメージしやすい。

今日の朝刊。


片方は日経。もう片方は某紙。


同じ内容を伝えるにしても、


「1億人割れ」と書いてあるのと、


単に「8808万人」と書いてあるのでは、


わかりやすさというか、イメージのしやすさに違いがありませんか?



人に伝えるための文書作成も同じことが言えると思うんです。



試算表や決算書、事業計画書などの数字の資料も、



単に数字を並べてもわかりにくいけど、



指標となるもの、比較できるものがあると



わかりやすいし、イメージしやすいんですよね。




しかし、働き手が4割減ですか。



日本はどうなっちゃうのかな?



0 件のコメント:

コメントを投稿