スポンサーリンク

2018年5月23日水曜日

【経営】フロントラインに立つこと

こんにちは。


今日は商売の流れにおけるフロントラインに立つことについて書き留めようと思います。


私のような商売でも、どのような商売でも、
当たり前ですが、相手があり、仕事の受発注の流れがあります。


発注者→元請け→下請け(協力業者)といった流れです。


また、自社で受けられない仕事を然るべき業者にご紹介することもあります。


依頼者→自社→紹介される業者といった流れです。


もしくは、上記の混合で自社が紹介される立場に立つこともあります。


依頼者→ご紹介者→自社→協力業者といった流れです。



自社がどの立場になるにしろ、自社の前に立つ方には責任を持って仕事をしなければなりません。


この時の自社の立ち位置を、私はフロントラインと呼んでいます。


先般、私がお客様にご紹介した業者が仕事を投げ出す事態に陥りました。


過去にも(別の業者ですが)同じようにミスをしたり逃げ出したりした業者もいましたので、経験上、挽回に全力を尽くす判断まで時間はかかりませんでした。
(もちろん、その後はその業者とのおつきあいはありませんが)


今回も同じです。


私が誠意を持っておつきあいしている大切なお客様をご紹介し、
「やらせていただきます」と請け負ってくれたのでお任せしたにもかかわらず、
残念なことでした。
実際、今まで他にもお仕事をお願いしていて、頓挫することはなかったので、非常に残念でした。


まずはお客様に私からお詫びをし、今回の業務は私の専門分野ではありませんでしたので、すぐに自分と面識のある同じ業種の業者さんに問い合わせ、受けてくれるかどうかを確認しました。

そのための準備や情報整理などにも相当の時間をかけました。

そこで、何とか引き継ぐことができました。


フロントラインに立つということは、当然ながらお客様を守るということです。


そして、自社から紹介する業者についても、外注する協力業者についても責任を持つということです。


既述の通り、過去には何件か同じようにフロントラインに立った責任を全うするために、時には自腹を切って挽回した経験もあります。


信用とは、日々の仕事やおつきあいをコツコツ積み上げて築くものです。
責任を放棄した時点で、信用は一瞬でなくなります。


協力業者のメンテナンスはしているつもりでも、いつ状況が変わるかわかりません。
そのため、自社の挽回のフットワークと体力は鍛えておきたいものです。



ちなみに、このような場合に自腹を切る時の資金には使えませんが、倒産防止共済(経営セーフティ共済)についてご紹介しておきます。

協力業者への支払いや運転資金など、資金的な責任を全うするための資金を売掛金の回収で賄う場合に、売掛先が倒産したことで回収できなくなるケースがあります。

そのような事態に備えて、1社あたりの取引額が大きくなってきたら、倒産防止共済(経営セーフティ共済)に加入されることをお勧めします。
・加入時から免責期間は6ヶ月間。
・月々の掛け金は5,000円〜100,000円まで自由に設定でき、全額損金対象になります。
・万が一の貸付は払い込み済み掛金残高の10倍を上限に無利子で受けられます。
詳しくは、こちらのリンク先をご確認ください。





2018年4月19日木曜日

【経営相談】経営力向上計画の策定支援

おはようございます。瀬戸川です。



このところ、立て続けに私の顧問先の会社について経営力向上計画の策定支援をして、各関係省庁に認定申請を出しました。


経営力向上計画とは、それが各関係省庁に認定されることをもって、導入した設備の固定資産税の減免を受けることができたり、各補助金申請の加点対象となったりというメリットが受けられる制度です。

経営力向上計画についての詳細→http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/
(※中小企業庁のHPに飛びます。)


しかし、私はそのようなメリットの他に、
「既存事業の棚卸しをし、生産性を高めるための新たな目標や、それを達成するための具体的なアクションプランを立てるための洗い出し」
という意味のメリットが強いのではないかと感じています。


経営力向上計画の内容は、大まかに分けて以下の3点です。
①会社概要と現状分析
②取り組む目標とその達成のためのアクションプラン
③設備投資がある場合はそれについての詳細


私が経営力向上計画の策定支援をする際は、日々の社長からのヒアリングの中から私が叩き台を作成し、
それを社長に確認してもらって、新たなアイデアを加筆したりして、ブラッシュアップするという手順で進めていきます。


社長さんたちからは、「瀬戸川さん、よくわかってくださってる!その通りです!」との言葉を頂きますが、
そこは毎月お会いしてお話を聞いているので、その中からエッセンスの部分を抜き出して書いているだけなのですけどね(^^♪


ちなみに、当事務所では、経営力向上計画の策定支援や認定申請のみというスポット業務のご依頼は受けていません。


あくまで、日常的に経営相談(月額定額の顧問契約)で関わらせていただいて、
私もお客様の事業をよくよく理解した上で策定支援をやらせていただいています。


ですので、これらの業務も日常的な経営相談業務の一つであり、別途報酬は頂いていないのです。


以下、ご参考までに。

経営相談業務:お試しご相談料 30分 5,400円(税込)
       月額顧問料      21,600円~
       (※役員報酬の金額や会社の状況などによって考慮させていただきます。)
経営相談業務の詳細はこちら→https://setokawa-office.blogspot.jp/p/blog-page_10.html

2018年4月4日水曜日

【建設業許可】国交省の建設業者検索メニューに「社会保険の加入状況」が記されるようになりました。

おはようございます。瀬戸川です。

建設業許可業者は、国土交通省の検索閲覧メニューによって以下の項目が公開されています。

①許可番号

②会社名

③代表者名

④主たる営業所の所在地

⑤電話番号

⑥許可工事業種

⑦許可の有効期限



その検索結果詳細ページに「社会保険の加入状況」が加わりました。


検索閲覧メニューはこちらから→http://etsuran.mlit.go.jp/TAKKEN/kensetuInit.do



国土交通省は、建設業許可業者の社会保険の加入を100%とすることを目指しています。


昨年の10月から、元請と直接取引のない孫請けが社会保険に加入していない場合でも元請がペナルティを受けるというルールもできましたので、
元請会社は従来よりもこの加入状況を厳しくチェックするようになりました。


ここで未加入であることが晒されるのは、結構きついですね。


加入できていない許可業者さんは、
きちんと社会保険に加入しても利益の出る損益体質に変えていく必要があります。


2018年4月2日月曜日

【再生】挽回のエネルギーは、生きる実感から。


病気や借金や被災・・・どんな苦境のど真ん中にいても、
生きている実感とか、生きる楽しみを味わうことは大切だと思います。

それによって、挽回のためのエネルギーが湧くから。

挽回のチャンスを探すにも、挽回するにも、エネルギーがいる。

その源は、生きる実感だ。

このふざけた写真は、
がんが再発してステージ4に落っこちて、
抗がん剤治療でハゲ頭になってヅラかぶって、
放射線治療の副作用で喉が腫れて流動食しか食べられなくて激ヤセして、
売上落ちたのに毎月高額医療限度額MAXの医療費払って、
借入金の返済とクレジットカードの支払いに追われて
「やっばい、どーしよー。」という独り言が続いていた頃、
娘とどれだけおふざけできるかを競っていた約2年前の写真。

そこから自毛も売上も体重も(笑)復活させて、私はまだ普通に働けてる。

苦境のど真ん中のみんな、生きる実感と生きる楽しみを忘れずに、共に頑張ろう!

2018年3月31日土曜日

【雑感】経営相談に思うこと

当たり前ですが、世の中には、そもそも何が正解なのかわからないことはたくさんあるし、
正解なんてものはないというものもたくさんあります。


私が学生の頃は数学が好きでした。
国語の偏差値は38なのに、数学が72という、
アンバランスな成績だったこともありました。
数学は、公式に当てはめれば、きちんと正解が出るのです。
パズルみたいに、ぴたっと。
でも、正解は一つじゃない。
形を変えて、同じ答えを表現することもできるのです。



お客様からの相談に乗っていると、
答えは一つじゃないという場面はたくさん出てきます。
そして、そもそも正解なんてものはないものも。
ただ、あれもこれもと並べ立てても、お客様は迷うだけ。
 

これは、がん治療と似ています(笑)
がん治療は、どれが正解かなんてわかりません。
今までのデータや医師の経験から、より効果の高いと見込まれる方法を選ぶだけ。
しかも、医師が選択肢を示し、素人である患者が「じゃ、それにします。」と選ばされる場面多し(笑)
でも、それがその患者のがん細胞に効くかどうかなんて誰にもわからないのです。
60%の患者に効く方法が功を奏する場合もあれば、
20%の患者にしか効かない方法が功を奏する場合もあるのです。



迷える経営者が相談に来たとき、より影響の少ない、より負担の少ない、
より効果の高い方法を探して、情報を集めたり、
そんな情報を持っている専門家を紹介したりして、さらに検証して対応しています。
優先順位や達成難度も考慮します。
でも、正解はわからない。
それでも、一定の仮説は出さないと、相談の意味はないし、
相談した方はまた迷子になってしまうのです。



相談に来られた方は、藁をもつかむ思いで当事務所に連絡をしてきたのかもしれません。
迷子にはしたくない、そんな責任を感じながら、懸命に対応しています。


2018年3月26日月曜日

【お知らせ】うわの空・藤志郎一座第48回 本公演「ルナ・レインボウ」GW紀伊國屋ホール

私の友人である島優子ちゃんの所属する劇団「うわの空」の本公演情報です。

毎年ゴールデンウィークに新宿紀伊國屋ホールで公演している劇団「うわの空」の本公演の季節が近づいてきました。

最後はしっとりとした感動に包まれるストーリーですが、お笑いとともに進んでいくので、気軽に楽しめる芝居です。

笑いでストレスを吹き飛ばしたい方、リアルな舞台、役者の表情が見える芝居を楽しみたい方にお勧めです。

もちろん、私も行きます!

チケットは、以下のサイトからどうぞ。
(瀬戸川繋がりで購入したことがわかるようになっております(笑))

https://ticket.corich.jp/apply/90427/202

ーーー以下、公演情報です。ーーー

本公演「ルナ・レインボウ」GW紀伊國屋ホール

うわの空・藤志郎一座第48回本公演
「ルナ・レインボウ」作・演出:村木藤志郎

2018年5月3日(木・祝)〜2018年5月6日(日)
新宿・紀伊國屋ホール
全席指定・前売4,500円当日5,000円

★チケットはこちらから
https://ticket.corich.jp/apply/90427/202

全席指定 上演時間約2時間
タイムテーブル
5月3日(木・祝) 18:00
5月4日(金・祝) 14:00
5月5日(土)   18:00
5月6日(日)   14:00

【出演】
小宮孝泰
南 琴里

高村めぐみ
高橋奈緒美
常本 亜実
島 優子
村瀬 真衣
栗山 夢衣
まがりみずほ

清水 宏

Dr.レオン

岸野佳乃子(三ツ星キッチン)
浅野 桃花
櫛野 愛里

三橋 俊一
村木藤志郎
林 俊行
菊池 鴻良

浅野 泰徳(ジャングルベル・シアター)
光永 勝典
石井 瑠音
冨田 浩児 (!llnutupfam)
河原 尚之

ふじいあきら【5月3日・4日】
吉野淳【5月6日】




2018年3月15日木曜日

【建設業許可】専任技術者の常勤性についてのご相談

すっかりブログ更新が滞ってしまいました。


今年に入ってから、というか、12月からずっと忙しく過ごしています。


ニュースレターは1月だけお休みする予定でしたが、今年に入ってから休刊記録更新中です(泣)


その代わりといっては何ですが、
お会いしているお客様とは濃い時間を過ごしていたり、
難しい課題にチャレンジしたりしています。



そこで、先日あったエピソードをちょっとだけご紹介します。



とあるところからご紹介いただいたたA社長からのご相談です。



「取引先のB社が建設業許可を取りたいと言って、
私が持っている資格で協力してほしいというのですが、
そんなことできるのでしょうか?
取引先ですし、断るにもその断り方がわからず、困っています。」



はい、結構よくある話です。


許可を取得するための専任技術者要件を満たすための名義貸しの協力お願いです。



いえ、これ、違反ですから(^_^;)



しかし、法律違反かどうかよりも、取引先との関係が重要な中小企業者にとっては、
その断り文句にはもうひとつ理由が欲しいようです。
(理由としては、法律違反で十分なんですけどね。)



そこでこうお答えしました。


「専任技術者には、資格や実務経験だけでなく、
その営業所への「常勤性」が求められます。


社長は、A社の代表取締役社長です。


建設業許可の手引きに記載されている通り、
他社の代表取締役を勤めている方は、B社の専任技術者になることができません。


常勤性という言葉と、他社の代表取締役を務めているということが、矛盾するからです。


例え、申請時の書類審査でバレなかったとしても、
その後の内部審査でA社の代表取締役であることがバレれば、
B社は許可も取得できませんし、
払い込んだ審査料も戻ってきませんし、
故意と認められれば建設業違反で将来5年に渡って許可申請ができません。


なので、B社にこの許可申請の手引きのコピーを見せて、
「ここに書かれてるからダメなんです」と伝えてはどうですか?」と。



A社長は大変納得されてお帰りになり、B社に伝えたとのことです。



余談ですが、B社には行政書士がついていて、
B社は行政書士の助言に従ってA社長に常勤性を証明するための手筈まで指示していました。



なんとも情けないことです。



A社長は、きちんとA社の登記に載っている代表取締役です。
そのA社長の名義貸しをもって許可申請すれば、A社長を巻き込むだけでなく、B社は建設業法違反となり、将来5年に渡って許可申請ができなくなるわけです。
そんなことを助言する行政書士がいたとは情けないことです。



私に相談すれば・・・ということではありませんが、
そのままB社が申請しなくて本当に良かった!と思わざるを得ない相談案件でした。




ちなみに、東京都の「常勤性」「専任性」の確認は本当に厳しくなりました。
千葉県も厳しくなりつつあります。
資格を持った方を確保できれば、それで許可を保有できて、
その条件で高額の工事を受注できるのですから、
専任技術者にはそれなりのお給料を出さないと常勤性は認められませんよ~。





それでは、また。