スポンサーリンク

2017年8月25日金曜日

【法務】真実でなくても1度された登記は職権で取り消してもらうことはできません。

相談者のSさんの例を紹介します。
(Sさんには、このブログで紹介することに同意を得ています)


Sさんは、ビジネスパートナーとある組織を設立していました。


この組織は、LLC(合同会社)、LLP(有限責任事業組合)などのように、役員や組合員の全員の同意がなければ変更の登記ができないものです。


経緯の説明は省きますが、気がつくと、Sさんが同意していない事項について、いつの間にか変更登記がされていました。

変更には全員の同意が必要なのに、同意していないのに変更されているのは変ですよね。

そこでSさんは法務局へ行き、「利害関係人として」変更登記の申請書を閲覧させてもらいました。

閲覧の結果、その変更内容を定めた「同意書」に、Sさんの氏名が記名され、三文判が押されたものが出てきました。

SさんのビジネスパートナーがSさんの名前の三文判を買ってきて、勝手に押印したようです。

Sさんはその場で法務局職員に「自分は同意していないし、この印も押していないのですが・・・」と相談しましたが、
法務局職員には、その三文判が本当にSさんが押してないものと判断できませんし、
Sさんも自分が押していないことを立証できません。

結論として、その同意書が真実のものでなくても、1度された登記は職権で取り消してもらうことはできないということになります。

もちろん、この偽の同意書は、このビジネスパートナーによる「有印私文書偽造罪」であり、これは罰金刑のない、懲役刑しかない重い罪です。
さらに、その偽の同意書で登記申請までしているので、「公正証書原本不実記載罪」という罪にまで及んでいます。

しかし立証できない以上は登記官が職権で抹消できないならば、Sさんがこの登記を取り消すには、組織として更正または削除の登記申請をするか、裁判をして有印私文書偽造について争うしか選択肢はないようです。

このビジネスパートナーさんは、事の重大さまで考えていなかったのでしょう。

それにしても、すべての登記に添付する書類への押印が、実印しか認められなくなれば
こんなことは起きないかもしれませんね。
(ちなみに、役員の就任と辞任については、住所と氏名の記載と実印での押印および印鑑証明書の添付が必要です。)


※おことわり
今回は、登記をテーマにブログを書きましたが、当事務所では登記に関する業務はすべて提携の司法書士へ委託しております。
今回のケースも司法書士の先生に相談しながら進めました。


にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

2017年8月13日日曜日

効率化=楽になることを目的に動くといいかも♪

日本全体が「生産性をあげよう!」と叫ぶようになりました。



生産性とは、投入する時間や労力と引き換えに得られる仕事の結果のでき具合であり、
生産性を上げるとはその仕事の結果を大きくするということであり、
平たく言うと、仕事の効率をあげよう!ということです。


これから現役世代はどんどん減りますから、生産性(効率)を上げないと回らなくなってくるから、政府も「生産性をあげよう!」と言っているのですが、
私たち一企業単位でも生産性を上げれば、従来より少ない時間と労力で、従来と同じ仕事の結果が得られるわけなので、
浮いた時間と労力で別の仕事ができたり、心に余裕ができて次のアイデアが湧くという効果があり、当然ながら人件費の削減に繋がり、利益率にも寄与することでしょう。



・・・というように、書くとかなり固く感じられますが、「もっと楽にならないかな?」と考える方がいいかもしれません。



私、短大を卒業してゴルフ用品メーカーのOLとしてお勤めしてたことがありまして、
20代前半の私が担当していた仕事のひとつに、売れたゴルフボールの数量と金額を資料から拾って集計して報告するというものがありました。



Windowsが出始めの頃でしたが、パソコンで社内独自のデータベースを開いてそれをアウトプットして、必要な銘柄だけ選んで、その数値をエクセルで表にまとめるというものです。


「一台の同じパソコンから出るデータなのに、いちいちアウトプットして、拾い出して、まとめるって、どうにかならないかな?もっと楽にできないかな?」と考えて、システムを担当していた先輩に相談しました。



そして、結果的に、システム部の協力を取り付けて、エクセルファイルは私がマクロを組んで、データベースから直接にエクセルの表にまとめるという仕組みを作ったんです。


これで、労力と時間は大幅に削減することができ、毎月のこの作業をする月初の残業が減りました。




効率(生産性)を上げることについて、最初から難しく考えるのではなく、まずは「この仕事、どうしたらもっと楽になるかな?」と考えるだけでもいいのではないでしょうか?




2017年8月12日土曜日

【雑感】自分の仕事が「好き」ということ

先日、高校生の娘に経験として積ませようとして私の伝手で紹介した現場に、思わず自分が巻き込まれるという事態になりました。


守秘義務があり、何の現場かは申し上げられませんが、暑い炎天下のビル街で約12時間拘束されました


拘束時間は長いのですが、実働時間は短く、大半が待機時間です。


娘は現場で選ばれてちょっといい役(ポジション)をもらい、冷房の効いた控え室にて待機できましたが(笑)、私と同じポジションの方々は外で日陰を探して待機していました。


同じポジションの方々は数十人いましたが、私以外はみな自ら希望してその場に来ていました。


この現場に参加しても、正直、報酬はお礼金程度しか出ません。
時給換算すれば、最低賃金の半分にも行かない程度のものです。


時折、冷房の効いたビルの中に入れてもらえたり、お昼ご飯も出ますが、大半は炎天下の現場です。


私は辛くてたまりませんでした。「もう、こりごりだ」などとも思いました。


しかし、みな文句も言わずにおしゃべりをしたり、本を読んだりして待機しています。


何人かと話してみましたが、もう何年もこういう現場に来ていたり、毎日のようにこういう現場を渡り歩いているのだそうです。
(この仕事で生活しているというわけではなく、この仕事は夢に向かって積まなくてはいけない経験だったり、好きで空いた時間に協力したりということです。)


私とその現場にいた方々の何が違うかといえば、その仕事が「好き」かどうかでしょう。


私は常々、「仕事には愛情が必要だ」と思っています。


好きという感情、愛情は、情熱に変わり、効率や仕上がり、挽回への熱や責任感などに変わってくると思うからです。


私はやっぱり自分の本業が好きです。


それは、この仕事を始めた「父の会社のような小さな会社の役に立ちたい」という理由から変わっていません。


これからも、皆様に責任を持って結果をお返ししていこうと思っています。





2017年8月5日土曜日

【電気工事業登録】まさかのそこ? でも何とかクリア!

こんばんは。
最近、事務所スタッフたちと3人で
「最近、小さい文字がぶれて見えるようになってきた気がする」
などと切ない話題で盛り上がっている瀬戸川です。



さて、先週金曜日は、東京都庁にてあれこれやっておりました。


建設業の決算変更届を出して経営事項審査の予約を取り、
営業所移転の変更届を出し、
最後は電気工事業の新規登録申請で、
それが終われば午前中にすべての用事が済むとこでした。


しかし、その電気工事業登録申請書に添付した実務経験証明書に担当者から物言いがつくではないですか。


「(証明する会社の)商号変更前の証明者名と印鑑で作り直してきてください。」と。


は?

いやいや、できないからそんなん。


しかし、担当さんはそれの一点張りです。


仕方ないので、昼休み中に、東京法務局新宿出張所に走って登記簿謄本を取ってきて、
午後に再度チャレンジ。


「ほら、同じ会社でしょ?もう一回、会社のある大阪府に照合してみてください。」と。


担当さんは上司に聞きながら照合し、あっさりOKだしてれた。

「こんなパターンもあるんですね」とか「登記簿謄本ってすぐに取れるんですね」とか言いながら。


私だって責任もって受任してるんだから、やるときゃやるんだよー。
走るときゃ走るよー。
ってか、そういうの勉強しといてよー。


私も学びました。
添付する必要のない書類であっても、説明用に準備していこうと。

2017年7月31日月曜日

八千代商工会議所の実践創業塾でお話させて頂きました。

先日の土曜日は、すごく久しぶりに創業塾(セミナー)でお話しさせて頂きました。

八千代商工会議所の実践創業塾です。

去年は放射線治療による肺炎でドタキャンしてご迷惑をおかけしたのに、

ありがたくも、今年もお声かけ頂きました。

担当の方が「先生の割当てテーマは許認可ですが、先生の経験談など、自由にお話して頂ければいいので。」と言ってくれたので、

担当者さんのお顔を潰さないように許認可の説明を書いたレジュメを作りましたが、

半分以上は、経営の役に立つツールや制度、相談できる場所や人、もしも上手く行かなくなったときはどうしたらいいか、起業には覚悟が必要だ、などという内容にしました。

私の経験談などは誰の役に立つかわからないからどうでもいいのですが、

そういう類いの話なら、いつかきっと受講生の方々の役に立つと思って。

たくさんマーカーを引きながら聴いてくれた方、頷きながら聴いてくれた方、追加で質問に来てくれた方・・・

皆さんの事業が社会から必要とされ、長く継続されることを願っています。


ブログのプロフィールページを更新しました。
今まで、あまり大したことを書いてなかったので・・・。

お時間が許せば、ご覧になってください。

プロフィールページはこちら

2017年7月17日月曜日

【書評】ユダヤから学んだモノの売り方

友人がFacebookで紹介していた本を、すぐに注文して早速読みました。


簡単にまとめると、顧客を意識することの大切さと、「情報」を集めて、とことん考えて「知恵」をもって、「行動」することの大切さの2点を説いています。
たしかに、情報を集める人は多いけど、それを知恵にしていく人も、すぐに実践する人も少ないかも知れませんね。
でも、考えてみるに、実践する日が1日遅れればその分、効果が現れるのも遅くなるのです。
効果は、つまるところ、売上(お金)です。
お金がなくなれば事業運営が苦しくなるのでさから、実践というのはできるだけ早くやった方がいいですよね。
この本の良さは、ユダヤ式ばかりを推していなくて、良い部分とそうでない部分を客観的に説いているところです。
オススメです。

2017年7月13日木曜日

【経営・起業】必要なものは積極的な動機と覚悟

おはようございます。瀬戸川です。


7年前に習志野商工会議所主催の女性創業塾にて講師を務めた際に、


受講者として参加していた方のおひとりが、


開業以来、私の経営相談のお客様としていまも継続してくれています。


昨日はその社長が、その会社の社員に


「この先生はね、創業塾でただひとり、「起業には覚悟が必要だ」って言ってくれたのよ。



数いる「起業しろしろ」という講師の中で、私には瀬戸川先生の言葉が印象的だった。」


と私のことを紹介してくれました。



そう思ってくれて、


それを今でも覚えていてくれて、


さらに大切な社員さんに伝えてくれて、


単純に嬉しかったです。



でも、もちろん、嬉しかったでは終われない。



今は、伴走する役目があります。



必要とされる限り、役目を果たしていこう。



ちなみに、私がそのときの講義で話したのは、


「必要なものは積極的な動機と覚悟」という内容でした。


事業が順風満帆に行かなくなったときに自分と会社を救ってくれるのは、


「自分はこれを実現させたくて、絶対にやろうと思った」という積極的な動機です。



そして、それとセットで必要なのが覚悟です。


積極的な動機と覚悟があれば、


例え、うまく結果が出なかったり業績が落ち込んで、一旦心が折れかかっても、


それらを思い出して、また自分と会社を引き上げていけることが多いのです。


経営には、人に対しても、お金に対しても、大きな責任を果たす役目を負います。


覚悟は誠意に繋がります。



今年も八千代商工会議所の創業塾で少しだけお話させて頂く時間を頂いていますが、


この内容は外さずにお話しようと思います。




そんな展開になるとも思わず、


その場に行く間に電車の中で読んでいたのはこんな本。



さまざまな事例が紹介されていて、


「あ、この会社、この商品、知ってる!」というものもいくつも出てきて、


ちょっと悲しくなります。




決して楽しい内容ではないけれど、



どんな判断が破綻の引き金になったのかが顕著にわかります。



3分の2くらいまで読んだけど、



共通する教訓は「コントロールできる範囲で、身の丈に合った経営をすること」かな。