スポンサーリンク

2018年2月1日木曜日

メディアに出る経緯

こんばんは。瀬戸川です。

私は、がん闘病というハンデを抱えながら仕事をしているのですが、
ひょんなことから、明日の「NEWS ZERO」(日テレ・夜23時30分〜)にて、インタビューが紹介されることになりました。
テーマは、「がんになったとき、子どもにどう伝えるか」です。

皆さんが、「テレビに出るなんてすごいね!」と言ってくれるのですが、
その経緯などをお話ししようと思います。

実は、今回の取材は、以前に別の形で関わらせてもらった番組制作会社のディレクターさんからの呼びかけによるものでした。

私は自分自身が離婚裁判なども経験したシングルマザーであることから、
以前から、悩める(と想定される)母子家庭の方に向けた情報提供として
ちょこちょことブログで発信しています。

私は離婚に関することは業務にしていないので、あくまでボランティアで相談に乗ったりしています。
実際に調停や協議書作成などのアクションが必要になる時は、その道先案内だけさせてもらってます。

それで、5年前に、そのブログ記事を読んだ番組制作会社のディレクターさんから連絡があり、
「行政書士としてフジテレビの情報番組に出て、離婚についてアドバイスをしてもらえないか」との依頼があったのです。

しかし、私は離婚を業務としている行政書士ではないので、そういう立場で出るのが嫌で、他の行政書士さんを紹介しました。

ところが、どんな理由かわかりませんが、「やっぱり瀬戸川さんがいい」と、そのディレクターさんがまた私のとこに戻ってきてしまいまして(笑)

「なんとか協力してもらえないか?」とのことだったので、
「では、あくまで、一経験者として、顔を写さずに、仮名で、映像は手元だけで・・・。」ということで出演協力したことがありました。

その時のディレクターさんとずっと繋がっていて、今回の取材とテレビニュースでの紹介につながったというわけです。
ご縁って不思議で面白いですね。


ちなみに、今まで出たメディアの経緯はこんな感じです。

・読売新聞
 →動画「がんでもキレイに」を作った時に、自分で新聞社にメールでニュースリリースを送りました。
・朝日新聞(来週掲載予定)
 →とある企業づてに取材の申し込みがありました。
・雑誌「日経ビジネスオンライン」
 →動画「がんでもキレイに」を作った時に、自分で雑誌社にメールでニュースリリースを送りました。
・雑誌「健康365」
 →動画を見た担当さんが取材の申し込みをしてくれました。
・ラジオ日本
 →人づてに出演の申し込みがありました。
・テレビ(TBSのニュース)
 →人づてに出演の申し込みがありました。
・テレビ(日テレのニュース・今回)
 →上記に書いた通りです。


ちなみに、雑誌以外はすべてノーギャラです(笑)
周りからは「テレビやラジオに出ててすごいね!」とか言われちゃうのですが、ノーギャラなのですごくないんです(笑)

私は自分の仕事を大きく見せたくないので、仕事ではテレビなどには出たくないけど、
その他の情報発信で悩める誰かの励みになるならいいかなと思っています。
もうね、後ろは崖っぷちなので、覚悟も決まってます(笑)

そんなわけで、今後もまた何か機会があったらお知らせしていきますね。



2018年1月16日火曜日

【お気に入りのお店】事務所前のペペルモコさん

今日は仕事とは関係なく、

私のお気に入りのお店についてお話しします。


一日中事務所にずっといることはなかなかないし、

お昼休みにお昼ごはんを食べられることも多くないのです。



なので、事務所の目の前にある
お気に入りの洋食屋さん「ペペルモコ」さんにも月に1~2回行けるかどうか。


それでも行くと「今日はおひとりで?」とか
「食後はジュースですよね?」などと聞いてくれるのが嬉しいものです。


事務所を訪ねてきてくれたお客様を連れていくこともあるのですが、
安定の美味しさで、誰もが「美味しい!」と言ってくれます。

私のお気に入りは、ぶ厚いのに柔らかいポークジンジャーランチ。


看板は目立たないし、
「国産野菜です!」なんて謳い文句もないし、
ホームページも見当たらない。
FacebookやInstagramなどのSNSとも無縁。


何にも言わないけど、「この品のいい店では、例え1200円のランチでも、本物を出してくれる」と感じられてしまうのが魅力。


白髪のマスターが一人で作っていて、ウェイトレスの女性が二人という店は、
たいてい洋食好きのシニアのお客様でいっぱいになります。


事務所近辺は学生が多くて安く食べられる店も多いけど、
しっかり食べたいときはここに入るのです。



マスター、いつまでも頑張って欲しいな。

2018年1月12日金曜日

【建設業許可・産業廃棄物収集運搬業許可】ゼンリンシール

おはようございます。瀬戸川です。



さて、今日は地図と著作権のお話です。



Yahoo地図やGoogleマップなど、地図にも著作権があることはご存知でしょうか。



建設業許可や産業廃棄物収集運搬業許可などの許認可申請や営業所の変更届の際に、


役所に「営業所はここにあります」と示すために地図を添付することがあります。


この地図は、Yahoo地図やGoogleマップの印刷でも構わないのですが、



印刷したものをそのまま使っていいわけではありません。



著作権があるからです。



そこで、使用料としてゼンリン(ZENRIN)にお金を払うのですが、


それがこのシールです。1枚200円なり。























25枚入りで税込5,400円。


許可申請書に添付する地図(Yahoo地図などの印刷)に1枚貼り付ければ著作権使用料クリアです。



これを買い足すときは、「ああ、それだけ許認可申請をやったんだな」とも思います。



今日のスケジュールは、毎月の経営相談や試算表分析をご依頼頂いているお客様への訪問、


千葉県産業振興センターにて起業のご相談受け、


某所の賀詞交歓会への参加となっています。




なので、パソコンを持ち歩いて、合間にブログ更新をしました。



それでは、今日もご安全に。

2018年1月6日土曜日

【経営相談】それは相談なのか?聞いて欲しいだけなのか?

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。


さて、仕事始めからちょっと濃い目の日々を過ごしています。


いつもご依頼頂いているお客様のお仕事に加えて、


年末にドドドと頂いたお仕事(建設業許可の新規・更新・業種追加など計8件)を進めています。


で、今日のブログは建設業許可には限らないのですが、相談に乗るときにいつも思うことを書き留めたいと思います。


相談に乗るとき、聴き手(私)が間違えてはいけないことがあります。


それは、「いま、この相談者が話している目的は、相談として意見や解決策を求めているのか?それとも聞いて欲しいだけなのか?」ということです。


仕事としてご相談を聴く場合は、あまりこのようなことは問題にならないのですが、


特に私のプライベートな関係やその伝手による相談者の場合は要注意なのです。


「あなた(瀬戸川さん)だったらわかってくれるでしょ?」が前提の場合、


相談をもちかけている側は同調が欲しいのであり、意見や情報提供や解決策の提案まで聴きたくないこともあります。


つまり「その意見は耳が痛い」という場合です。


だったら最初から「これは愚痴だから、聴くだけ聴いてくれない?」と言ってくれればいいのになぁ~とも思います。


なかなかそれに時間を割くことは、時間的にも、気持ち的にも嬉しくないのですが、


それで本人の気が済むなら・・・とも思うので、時間が許す場合は応じることもあります。


仕事始めから早くも3日が経ちました。


今日は事務所で夕方まで仕事をしてから、雑貨や食料品の買出しに出かけました。


ショッピングセンターやスーパーはまだまだお正月ムードですね。


祝日も重なって、今年は子どもたちの始業式も遅いので、冬休みボケもまだもう少し尾を引きそうです。


にほんブログ村 経営ブログへ
にほんブログ村

2017年12月29日金曜日

昨日が仕事納めでした。ま、バタバタでしたが。。。

昨日は多くの会社や事務所が仕事納めだったのではないでしょうか。

お役所も仕事納め(年内営業最終日)でした。

というわけで、

当事務所は朝から2時間ほどスタッフと一緒に大掃除をして、

お飾りや鏡餅を飾り、

その後は、10月決算のお客様に決算変更届や経営事項審査のご案内を出したり、

・・・という通常の月末の業務をして、

午後は役所周りへGO!

今月末までに県へ提出しなければならない、建設業のお客様の変更届や決算変更届に添付する納税証明書や登記簿謄本を集めて周り、
(いつもは郵送請求するのですが、この2社については急ぎだったので取りに行きました。)

コンビニで必要部数のコピーをとってから土木事務所へ駆け込んで提出し、

それから来月の仕事の準備として市役所を回ろうとしたら緊急の電話対応に追われ、

結局今年もバタバタして・・・今日から事務所の年賀状書きです。。。

毎年余裕を持って過ごしたいと思うのですが、なかなか難しいですね。

その前日の夕方に、私が事務所で仕事をしていたところ、

息子がお腹を痛がっていると塾からの連絡を受けて、

仕事を途中で切り上げて迎えに行って病院に連れていって・・・

そのしわ寄せが昨日にきてしまったということもありますが、

言い訳はいくらでもできるわけで。

ともあれ、ギリギリまで仕事を完成させたおかげで、その分の売上も上がりました。

来年こそは、大掃除をしたら、余裕を持って過ごせるスケジュールにしたいと思います。

今年一年、お世話になった皆様、本当にありがとうございました。

来年も元気に頑張りたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

2017年11月30日木曜日

【建設業】その元請会社は大丈夫なのか?

お客様からヘルプの電話がありました。

予定期日に売掛金が回収できないとのこと。

守秘義務があるので詳しくは言えませんが、月末に元請会社から入るべきお金が入らず、
相手の言い分は「2ヶ月先に大きな工事の集金があるので、その時に払う。」とのことです。

さて、この時に、「はい、そうですか。」で終わるわけにはいきません。

発注した会社は、発注した金額を資金調達する責任があり、当然にそれを了解した上で発注しているのですから、入金予定日間近になって「やっぱり延期して」というのは重大な約束違反です。

また、このような場合、元請会社の財務状況は非常に悪く、倒産の危険性も高いです。

立場もありますが、資金回収ができなくなれば、自社の生命も危うくなります。

そこで、有効策を整理してみます。
現金確保の有効性が高い順に並べてみます。

①分納を交渉する。
 少しでも早めに現金を確保するためです。
 もしものときの取りっぱぐれの被害をできるだけ少なくするためと、
 自社の資金繰り確保のために、現金は早めに確保するよう努めましょう。

②元請会社所有の車に、所有権留保登録をする。
 もしものときに、換金できる資産を押さえておくことは資金回収の担保になります。
 所有権留保登録は、運輸支局・陸運事務所で手続きできます。
 もちろん、相手方の承諾、印鑑証明書等々が必要となります。

③公正証書(契約書・覚書)を作成する。
 「いつまでにいくら」を改めて定めて契約書を作成しましょう。
 公正証書でなくてもいいのですが、
 公正証書の方が「強制執行認諾文言付き公正証書」を作成することができ、
 もしものときは裁判によらずに相手方に強制執行することができます。
 もちろん、ここに相手会社社長の個人保証の一文をつけておきましょう。

④契約書・覚書を作成し、公証役場にて確定日付をもらっておく。
 相手方が公正証書の作成を渋る場合は、せめて覚書を作成して押印をもらっておき、
 公証役場にて確定日付印を押してもらいましょう。
 (確定日付印の費用は、わずか700円です。詳しくはこちら。)
 確定日付印は「その文書がその日に存在していたこと」を証明するもので、
 日付をごまかして作成したものではないことを証明するものになります。
 もしも相手方が支払わなかった場合は「支払督促」の手続きをすることになりますが、
 請求書のみならず、このような確定日付印つきの覚書や契約書があると動かぬ証拠となります。

そのほかもいろいろありますが、ざっとこんなところでしょうか。

しかし、こういう事態に備えて、資金の回収とは違いますが、
自社の資金繰り(支払い)が影響を受けないためには、
倒産防止共済(経営セーフティ共済)に加入しておくことをお勧めします。
ただし、加入時から6ヶ月間は免責期間となります。
(加入時から6ヶ月以内の倒産事故については、対応できないという意味です。)


ちなみに、そもそも元請会社や発注者の与信管理(信用調査)も大切です。
こちらの帝国データバンクのTDB企業サーチのサイトでは、ほとんどの会社の損益情報等を490円で入手することができます。
ただし、このデータは主にヒアリングを基に作成されているため、真実性は担保されていません。

もしも、元請会社や発注者が建設業者の場合で、建設業許可を保有している場合は、
その会社の主な営業所所在地のある都道府県庁にて、
建設業許可や過去5年分の決算変更届(財務諸表や工事経歴書)を閲覧することができます。
※決算変更届の作成や提出をサボって、財務諸表が見れない会社もありますが。。。
相手の財務諸表が確認できれば、確かな与信情報となります。

許可情報は、国土交通省の検索ページにて確認できます。

また、その会社が経営事項審査(経審)を受けている会社だと、ワイズなどのサイトで数年分の財務状況を確認することができます。
ワイズ 経審トレンド10
財務状況が確認でき、推移などを分析できれば、警戒したり、対策を講じることができますね。


月末や年末は、資金回収にハラハラする社長さんも多いと思います。
「絶対」はありませんが、資金確保の確率を上げる対策を講じることは大切です。





 

2017年11月28日火曜日

今週は毎朝4日間、ラジオ日本にて、瀬戸川のインタビューが紹介されています。

昨日から朝9時40分頃~10時頃までの間、毎日4日間、
ラジオ日本「ハローアイレディオ」の中の「アナタの隣の働く女神」というコーナーで、
私のインタビューが紹介されています。


収録の際は、緊張していて、今は何を話したか覚えてないくらいなのですが、
今日の放送では「仕事を始めたときのこと」が紹介されています。

liveで聴けない場合は、こちらのradikoのタイムフリー機能で聴くことができます。

スタートをマイナス18分くらいまでスライドさせてから再生してみてください。
(タイムフリー機能では、過去7日間分の番組を聴くことができます。)

[radiko.jp] Hello! I,Radio(1)│ラジオ日本│2017/11/28/火 9:00-10:00 http://radiko.jp/share/?sid=JORF&t=20171128094903